2017年12月28日木曜日

『吉行エイスケとその時代―モダン都市の光と影』

『吉行エイスケとその時代―モダン都市の光と影』は、東京四季出版 1997年。小説と評論。写真資料。NHKドラマ「あぐり」の放映の年。

吉行エイスケの小説については、さっぱりわからなかったが、自分の若いころの習作やら、友人たちの書いたものの記憶をたどれば、似たような部分もあったような気がする。
当時の感覚で見たもの、聞いたもの、そういった単語を、関連づけるわけでもなく散りばめて書き綴るというものだったが、吉行のものはもっと上等なものではある。
また字面を眺めながら、読んでみたいと思った。

2017年12月27日水曜日

『歴史と旅』 特集:江戸常識の嘘を斬る

1996年の暮れの発売、12月に読んだ。

秋田書店の『歴史と旅』1997年1月号(特集:江戸常識の嘘を斬る)を読んで、もっと江戸時代の村のことを学ばねばならないと思ったことがあった。この特集は、それ以前にときどきあちこちで見聞きすることのあったさまざまのことがらを総まとめにしてくれたもので、よくよく熟読したものだったが、それ以前の知識として最も勉強になっていたのは、NHKテレビのコメディー『お江戸でござる』における杉浦日向子の解説(「おもしろ江戸ばなし」)だった。お江戸でござるの農村版はできないものかと思っていた。『お江戸でござる』の放送開始は1995年3月30日。

以上は次のURLからのもの。続きも次のURL。
http://edo.nire.main.jp/?eid=1
佐藤常雄氏の論文が良かったわけである。

2017年12月26日火曜日

『貧農史観を見直す』佐藤常雄

佐藤常雄『貧農史観を見直す』(講談社現代新書 1995)
佐藤氏は専門は農業史という。江戸時代のまっとうな研究というのは「近世史の専門家」以外の人のものばかりだとは、よく言われることである。
この本は私も非常に感銘を受けたのだが、同様の人は多いとみえ、個人のブログなどでも良く取りあげられている。
1995年には、NHKテレビで「お江戸でござる」という番組が始まった。近代人が忘れてしまった江戸時代の良さが、杉浦日向子によって語られるコーナーのある番組だったが、そこでは江戸の都市民についての話ばかりだった。そういった新しい目を、農村へも広げていったのが佐藤氏の本だと、多くの読者に受けとめられた。
年貢は土地所有権を保証するもの。農村は自治で運営され、武家は立ち入ることができず、農民がピケを張れば測量すらままならない。村の入口まで用水を引くのは武家の義務。……決して弱くはなく、前むきに生きる農民の姿が描かれていた。

もっと評価されて良い本だと思うが、難点としては、本の冒頭に書かれた蜂須賀家の先祖調べや、伊達藩での親権認定の話が、大石大三郎の『江戸時代』(中公新書)の導入部と重複する点だろう。内容は問題ないのだが・・・。
江戸時代暗黒史観の元祖は明治政府だが、当時の左派勢力の歴史観も「奇妙な一致」を見せたという指摘があった。それはなぜなのかは重要なテーマである。
この本を読んだのは1997年初め。

2017年12月25日月曜日

『別冊太陽 宝塚 タカラジェンヌ一〇〇』

1994年の「宝塚歌劇団八十周年」の『別冊太陽 宝塚 タカラジェンヌ一〇〇』(平凡社)
百周年(2014)の年に古本で購入。スター100人の写真集と解説。百周年の年にも出版物はあったが、1990年代の別冊太陽のような多数のカラー写真による綜合的な紹介本は貴重といえる。90年代は『別冊太陽』『別冊歴史読本』などの全盛時代。
当時の1990年代前半の宝塚の代表的な演目は、花組「ブラックジャック」、月組「PUCK」」、雪組「ブルボンの封印」、星組「うたかたの恋」。

2017年12月24日日曜日

『伊勢神宮と日本の神々』(朝日新聞社)

『伊勢神宮と日本の神々』(朝日新聞社)は、ムック形式の大型本。
1993年は伊勢の神宮の第61回式年遷宮の年。さまざまな出版物があったと思う。
この年の蔵書リストをみると、
歴史読本 1993年3月号 特集 伊勢神宮 遷宮の謎 新人物往来社
伊勢の神宮―ヤマトヒメノミコト御巡幸のすべて 和泉書院
他に定番の本というのもあるようだ。

今は伊勢神宮の公式サイトに、画像入りでさまざまな解説がある。
式年遷宮
神宮の神話

2017年12月23日土曜日

『日本人とは何か』山本七平

山本七平の『日本人とは何か』は、1992年のPHP文庫。
これより数年前、この本の単行本が出たころだと思うが、山本七平が夜11時ごろのテレビ番組に出て、この本に関連して次のようにコメントしていた。
戦国時代を例に、日本人は放っておくと夫婦単位でどんどんばらばらになる。夫婦以外の関係は重要でないかのようで、戦国時代に夫婦は連座して同罪とされたり、戦後の核家族化もどんどん進んでしまうわけだ。なんらかの規制があったほうが良いとかいう話。
ほかにも気になるコメントがあったような気がするので、文庫化されてすぐに購入。

中世の僧兵たちは、頭から覆面をかぶって、衆議に参加して議論する。顔を隠すのは、地位や身分に関係なく、正しい論は正しいのだと皆が認めやすくするためだという。
秀吉のキリシタン追放は、宣教師らが日本人を奴隷として海外に売買していたからという。日本には、違法なものを除けば、制度としての奴隷はなかったという指摘もあったと思う。
そんなことが書かれてあった。


2017年12月22日金曜日

『日本の歴史をよみなおす』網野善彦

網野善彦『日本の歴史をよみなおす』(筑摩書房 1991)
この本に書かれてあったことで、すぐに思い出すのは、「市」の成立の話。物が商品として取引されるには、物と所有者との関係が切り離されなければならず、それを可能としたのが市である。市は村外れなどの境界と呼ぶにふさわしい場所で成立し、異界からのある力がはたらいて、物と人は無縁のものとなる。市をつかさどる女は巫女でもあったとか、同様の場所では、歌垣も行なわれ、男女の関係もフリーとなるのだとか。
歴史というのは、戦さで誰が勝ったとか、巨大建造物は誰が作ったとか、そんなことがどれだけ重要なのだろうかと思えてくる。

戦後の日本では、公共の土木工事などが盛んで、付随して多くの遺跡などが発掘された。
発掘というと古墳時代以前のものが注目されやすいが、中世のものも多く、新発見の史料により、これまでの歴史記述の見直しがされることも増えた。1986年から刊行された週刊朝日百科日本の歴史などもその一つなのだろう。1990年代は「読みなおし」の時代でもあった。

2017年12月21日木曜日

VZエディターとマニュアル本(ビレッジ・センター)

日本のパソコンPC-9801用のテキストエディタ「VZエディタ」(ビレッジ・センター)は、1989年5月の発売で、1990年初頭に購入してのち、マニュアルを何度も読んだものだった。パソコン関連の本では、最も熟読した本である。
VZエディタはマクロ機能が充実していたので、自作マクロも作った。

広辞苑のCD-ROMのデータを分割コピーしたものから、文字コードを変換してテキストファイル化するマクロ。マクロでの変換は長大な時間を要した。できたテキストファイルは30メガバイトという巨大さ。
その後パソコンのメモリが増え、広辞苑を1ファイルとしてエディタでオープンし、検索機能を使用して、広辞苑の先頭から末尾まで一気に検索できるようになり、現在もこのやりかたである。検索で見つけた項目を読みながら、隣りの項目にも目が行くのだが、これは紙の辞書と同じ使い方。

最近作ったマクロは、次のページの最後のほうにある。
http://nire.main.jp/rouman/dic/norito.htm
現在も、VZエディタをWindowsのMS-DOSモード(コマンドプロンプト)で使用している人は、少なくないそうだ。

2017年12月20日水曜日

柳田国男全集〈5〉 山島民譚集

1989年に、ちくま文庫版の『柳田國男全集』(筑摩書房)の刊行が開始された。
既に角川文庫などで柳田の主要な著作は目にしていたが、第5巻の「山島民譚集」は、初期の論考ということもあり、未整理だが名もない神々についての多岐に渡る内容は多くの示唆に富むものだった。

その3~4年前に、ある知人が「『定本 柳田國男集』が文庫化されれば良いのだが」と言うのだが、「折口信夫全集のように縮刷版で」と言うので、「あれは菊判だから縮小したら読めない。柳田のものは新字新仮名に組み直すのが良い」と答えた。知人は実物の柳田国男集をよく見てなかったのだろう。実際に文庫版が出たとき、その会話を思い出したものだった。『定本 柳田國男集』はまさに定本だったせいか「柳田國男」と本字で書く人が多かったが、一人だけの扱いは奇妙であり「国男」でも問題ないのではないか。

2017年12月19日火曜日

『安吾新日本地理』坂口安吾

1988年の河出文庫、坂口安吾の歴史エッセイ集で、「安吾新日本風土記」「安吾史譚」と三部作といわれる。1950年代のものの文庫化、古代史の先駆などという評価もある。
「飛鳥の幻」「飛騨・高山の抹殺」など、今は青空文庫でも読める。

飛鳥の幻」は、いわゆる大化の改新で滅んだ蘇我氏を再評価する論。
飛騨・高山の抹殺」は、飛騨の伝説の怪人両面スクナとヤマトタケルの話。飛騨の地名については、執筆当時の村名で書かれ、昭和30年頃の合併でほとんどなくなっている地名だったので、地図を見てもわからないものばかりだった。
ほかに「宝塚女子占領軍」も面白い。
『安吾新日本風土記』では、「富山の薬と越後の毒消し」も良かった。

2017年12月18日月曜日

『姓氏家系総覧』(秋田書店)

大田亮の大事典のような単行本の内容が、秋田書店の雑誌「歴史と旅」臨時増刊として1986~87年に3分冊で発行された。
いくつか引いてみて、本当に素晴らしいと感じたわけではないが、資料として手元に置いておくのも悪くはないのではないか。
大田亮の本では『武蔵』という本が家にあり、武蔵国にちなむ和歌の引用、神社については式内社についての伴信友の研究からの引用など、古典文献からメモしておいた大量のカードを並べただけの感があり、『姓氏家系総覧』も同様の印象である。
1冊600ページで¥980だったので買っておいた。

2017年12月17日日曜日

『日本伝奇伝説大事典』(角川書店)

1986年、角川書店、B5判、1000ページ超。
神話、伝説から昔話、また歌舞伎、謡曲まで、そして歌の功徳そのほか、あらゆる物語の粗筋は長文で語られ、研究書の紹介もあり、質、量とも類書を圧倒している。和歌や決め台詞などは丸ごと引用され、読んで楽しい事典である。

全ページを目で追いながら和歌をチェックして作ったノートは、「歌語り風土記」の一部にとって、たいへん参考になったものだった。

2017年12月16日土曜日

『白鳥伝説』谷川健一

『白鳥伝説』谷川健一(集英社)は、1985年の年末発行の大冊。
神武天皇以前の伝説、物部氏の伝説を追って、東国から東北地方へと旅するわけだが、なぜか訪れる土地の多くは、白鳥伝説の地でもあったようで、その先は蝦夷やアイヌの文化と習合したような形になっている遥かな世界のように見えた。
アイヌのイナウは日本の御幣とほとんど同じ物。

だいぶ後に、「ちかと」「ちかつ」「ちかた」という神が、どうやら白鳥飛来地の神のようだと気づいたのだが、白鳥伝説とリンクするかもしれないのでこの本を再読してみたいと思いつつ、10年以上が経過してしまった。

2017年12月15日金曜日

『忠臣蔵とは何か』

1984年、丸谷才一の『忠臣蔵とは何か』(講談社)。
今月のこのブログは1970年代から1年1冊づつ新刊で読んだものを取りあげているが、昨日12月14日が四十七士討入りの日なので、一日早めれば良かったかもしれない。
ただしこの本は2~3年たってから読んだように思う。

丸谷氏によると、忠臣蔵のような人気の出る芝居には7つの要素ありとか。
1、社会を縦断する書き方。殿様から足軽や町人まで、奥方様から遊女までが登場
2、二つの時代の重ね合せ。南北朝時代を描きながら上演された江戸時代を描く
3、「実は……」という作劇術。上に述べた垣見五郎兵衛じつは大石など、貴種流離譚
4、儀式性。 勅使饗応に始り切腹、開城などの武家儀式への庶民の関心
5、地理、国ぼめ。 関東と関西、京の遊郭や東海道などが広範囲に描かれる
6、歳時記性。 桜の下の切腹から雪の夜の討入りまで
7、呪術性、御霊信仰
以前ここに書いた。http://nire.main.jp/sb/log/eid167.html

2017年12月14日木曜日

小此木啓吾『モラトリアム人間の時代』

小此木啓吾の中公文庫の『モラトリアム人間の時代』は1981年、『モラトリアム人間を考える』と『日本人の阿闍世コンプレックス』は1982年の刊。
1983年前後のごろよく読んでいた。
科学技術が発達し、スイッチを入れて蛍光灯がすぐにつかないだけでイライラするような人間、「全能の錯覚に生きる現代人」は、実際の社会関係では、挫折を経験するのでもなく、ただ腰掛け的な関係、木枯紋次郎の「あっしには関りのないことでござんす」という関係しか作れなくなったということだと思う。モラトリアムとは、一人前になるまでの猶予期間にある人間という意味。現代人は一生モラトリアムで生きるしかないという自覚が必要になる。(「少年の心を持つ」とか「万年青年」は必ずしも悪いことではない)

1970年代から執筆されたものだと思うが、1980年代前半に広く受け入れられたとすれば、科学技術云々だけでなく、伝統的な地域社会の崩壊や、自民党単独過半数割れなどの「ポスト戦後社会」の大きな時代の転換点だったのではないかと思う。
バブル経済へ向かう過程での警鐘というのでなく、既に時代は転換したということ。バブル経済は崩潰したことが問題なのではなく、バブル経済自体が戦後的なものを最終的に崩潰させたにすぎない。

アイデンティティという言葉を、この本で知ったのか、それとももっと後のような気もするが、記憶がはっきりしない。

2017年12月13日水曜日

『梅原猛著作集 11 水底の歌』

1982年。分厚いページ数のわりには価格は低めだったので、気軽に購入。
万葉歌人の柿本人麻呂についての内容だが、「刑死説」はともかく、
人麻呂を若死にとした斎藤茂吉以後の見方が問題であり、中世以前の人麻呂の肖像がどれも老人として描かれていることを重視すべきというもっともな論のほうが多いのである。

有間皇子の「家にあれば笥に盛る飯を草枕旅にしあれば椎の葉に盛る」は、旅の安全を祈って道中の神に飯を捧げた歌であるとか、大海人皇子と額田王のやりとりの歌「茜さす紫野行き標野行き野守は見ずや君が袖振る」などは宴席でのやりとりの歌にすぎないとか、そういった解釈は、折口学派の解釈であることを知るのは後のことだが、これまで漠然と眺めていた万葉集を魅力的なものにさせてくれた一冊だった。

この著作集は何冊も読んだのだが、文庫化され古書店で¥100以下で求めたものが揃ったので著作集は処分してしまった。

2017年12月12日火曜日

『日本語とタミル語』大野晋

私の地元の地域行事で、昼食に赤飯がふるまわれたとき、岩手県出身のある人が「自分の田舎では赤飯に砂糖をかけて食べる」と言った。東北地方でそのようなことがあるということは、『日本語とタミル語』の冒頭にも書いてあり、炊きかたは違うのだろうが、南インドのタミル地方でも類似の行事があるとのこと。

大野晋『日本語とタミル語』(新潮社 1981)は、日本語とタミル語の系統の問題を論じた本だが、民俗学の勉強にもなるし、万葉集の歌の解釈、国文学の勉強にもなる。
ここから、民俗学や万葉集を、もう少し勉強してみたいと思わせる本でもあった。
前年の1980年には、中央公論社の「日本語の世界」全15巻の刊行が開始され、初回の『日本語の成立』(大野晋)も続けて読むことになった。

2017年12月11日月曜日

『外来語の語源』(角川小辞典)

1980年ごろ買った『外来語の語源』(角川小辞典 26 吉沢典男・石綿敏雄) は前年の発行。
とりわけ欧米語の語源や語史について、カタカナで引けるので、長く使っている辞典である。

トイレットは、麻の布のことで、麻布を敷いた化粧台という意味から、化粧室となったらしい。
ちなみに日本語の厠は不明。川屋の意味とする説もあるが、飲料水用の川と区別したのかしないのか、どう区別したのか、何もわからないので、不明とするしかない。

2017年12月10日日曜日

『ハレとケの超民俗学』

1979年、工作舎刊、『ハレとケの超民俗学』
それまで民俗学入門用に読んだものは、概論風のものはピンと来ず、柳田国男から選んだものは、ゴシップ風だったり、のんびりしすぎだったり、また折口信夫は数行読んでは難解さに溜め息をつくばかりだった。
この『ハレとケの超民俗学』は、工作舎の編集者の松岡正剛と高橋秀元の対談集だが、内容にリアリティがあり、民俗学理解のコツのようなものを、この本からもつかんだように思う(他には大野晋の日本語成立論など、民俗学の勉強になる)。以後はすらすら読める本が多くなった。

2017年12月9日土曜日

ヘーゲルの『小論理学』

岩波文庫版のヘーゲルの『小論理学』(松村一人訳)は、1978年刊行。これはAmazonから取りこんだデータなので蔵書を確認すると、やはり1978年で、9月18日第29版改版発行とある。改版とはたぶん旧漢字から新字に改めたことをいうのだろう。新刊で読んだ。

内容は、次のような感じだったか(間違っているかもしれないが)
有とは、ただ有るのであり、何かが有るのでは無いので、無のことである。無とは無いことだが、無いことすら無いのだから、有と同じ? というより有と無とは統一されたものであり、もはや別の物、成ということであって、思想のことである・・・

すぐ後に、河出書房版「世界の大思想」のうちの『エンチュクロペディ』を入手し、この論理学の次の『自然哲学』『精神哲学』を読もうと思ったが、『自然哲学』は自然や宇宙の現象を哲学用語で叙述するという実に変った内容だった。途中まで読んだ。
哲学書は、著書や著者やその人生などを評価不評価するために読むのではなく、自身の思考の鍛錬のために読むということで良い。

2017年12月8日金曜日

『歴史と旅 特集・邪馬台国はここだ』

秋田書店の雑誌『歴史と旅 特集・邪馬台国はここだ』は、1976年6月号だが、
1977年初頭の寒い日に、甲州街道沿の模型屋の隣の古書店で見つけて、読んだ。
井上光貞『日本の歴史1』(中央公論社)、東京新聞連載時の『清張通史』などは読んでいたが、その他の有名な先生がたの説が、カタログのように載っていた。
読み終って高校時代の地図帳を取り出し、武蔵国周辺を目で追いながら、邪馬台国当時の国名と似ている地名は見つからないものかと、探してみた。カナサナ国は神社名としてあった。しかし10以上を見つけ出すのは、容易でないことがわかった。
書庫に見つからずスキャナ画像は撮れなかった。

2017年12月7日木曜日

『夢野久作傑作選』

1976年に、文庫判の『夢野久作傑作選』(現代教養文庫)5冊のうち最初のものを読んでから、5冊を順次読了することになった。探偵小説というものは、そういう読者を熱中させるものがあるのだろう。
今は次の2つについて以外は、内容を思い出せない。

1つは、長編『ドグラマグラ』に出てくる、新興宗教のような怪しい祭文。チャカポコ拍子をとりながら歌うような長文だったが、あの部分は再読してみたい。

もう1つは虚言癖の娘が、自らの経歴そのほか全てを虚言で装い、そのように世間にとりつくろい、恋人にも接するのだが、そうしているうちに虚がばれそうになったのか、虚言そのものに疲れ果てたのか、忽然と姿を消す話。今の世の人間は誰しも自分を装うことばかりに気をとられてはいないかというテーマにもなってくる。

その後の興味や関心の進展により、この2点だけは何度も思い出す機会があったので、自分の永いテーマとして記憶に残っているのだろう。

2017年12月6日水曜日

文庫判の漫画の最初『化け烏』

文庫判(A5判)の漫画の最初は、1975年の『化け烏』(水木しげる著、東考社)である。このことは、版元も自負していたので間違いない。75年初頭か前年に東京都国分寺市の東考社に、まとめて予約に行ったら、1冊何か貰った。新書判の『噂の武士』だったかもしれない。東考社は引越先が決まっていたので、奥付は埼玉県の新住所になっている。
文庫版漫画は、すぐに二見書房が続き、翌年には大手の講談社や小学館そのほかが参入。
当時は、作品はすでに定評のあるものを集成したものが主体で、大島弓子の少女漫画なども、老若男女に広く読まれることになる。

2017年12月5日火曜日

1974年の稲垣足穂の本

1974年は、蔵書リストをみると、潮出版の「多留保集」シリーズなど、稲垣足穂の本が多い。
発売後まもなくに読んだのは『男性における道徳』(中央公論社)というエッセイ集。
「男性には書物、女性には衣服」とか、美食の戒めとか、後世の「男性脳と女性脳」のような話が、アイロニーをこめて語られてあったと思う。
画像は「多留保集」のもの。足穂は3年後の1977年の年末に没した。
1974年の重要な本といえば、他には、大野晋の『岩波古語辞典』がある。高校卒業後にもう1冊古語辞典を買った人も多かったらしい。

2017年12月4日月曜日

小沢正の童話『目をさませトラゴロウ』

竹やぶに住んで、いつもおなかをすかしているトラ、名前はトラゴロウと、人間や動物たちとの物語。講談社文庫から出たこともあるのは、大人のファンが多いということだろう。

トラゴロウは、あまり働かずに竹やぶでのんびりしていることが多いのだが、おこって人間をたべたりもする。
トラゴロウが2匹になる話や、途中で昼寝してしまった自分を置いたまま帰ってきてしまったとか、キバをなくしたトラはトラといえるだろうかとか、いわば「自己を二重化」する話が多く、大人も考えさせられるテーマが多いのである。哲学的にも読める。
1973年に理論社から「愛蔵版」が発行されたのだった。


2017年12月3日日曜日

石森章太郎『劇画 家畜人ヤプー』

沼正三原作、石森章太郎『劇画家畜人ヤプー』は、1971年の発行だが、その1~2年後ごろ、神田の古書店で大量に安売りしていたのを1冊買った記憶がある。調べたら版元の都市出版社は、1972年6月倒産。その直後だろう。
内容は、奇書といわれているが、日本人の人種コンプレックスを諷刺したものとして愉快に読んだ。西洋文化への盲従に対する皮肉の意味もある。吉行淳之介らも絶賛しているので、マゾヒズムとは女性礼賛表現の特殊な形でもあるのだろう。
小説よりも漫画を先に読んだ。この本のいう「劇画」とは、劇画初期の劇画ではなく、なんでもニューミュージックのような意味。

2017年12月2日土曜日

その年の記憶に残る1冊

今月は、1970年以後の、新刊まもない時期に読んだ本から、1年1冊のペースで、その年の記憶に残る1冊について書いてみる。
時代とからめて書くこともあるが、自分史的な回顧の面もある。ただし新刊本はめったに読まない。新刊で読んだものは少ないので1冊選ぶのは簡単。

2017年12月1日金曜日

劇画とは何か 『現代漫画論集』

 著者は『漫画主義』という雑誌の同人で、石子順造ほか3人。40数年前のわが青春の一冊でもある。
 当時の記憶だけをたよりにこのブログを書いているが、最も印象に残る論文は、権藤晋の劇画論だった。小説などもそうだが、作品論といえば、作家の生い立ちやら、経験から形成される思想などを主体に論じられることが多いが、この論は、読者や読者層の生活やら世界観を主体にして、大衆文化論にとどまらない作品論に踏み込むものだった。その読者層とは、昭和30年代の貸本屋の主たる客だった「非学生ハイティーン」ともいうべき若者たち。辰巳ヨシヒロやつげ義春らが「劇画」を代表する作家だ。
 しかし貸本屋は、農村部にはなかったので、想像するしかなかった。